ほとり

kinoko mieruyo
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --  C  T  --:--
 てろいぬ」
いい書き出しが思いつかないもんで
いやまー気づいたら書く内容もないんだけど

俺がやってる事に正解はあったのだろうかな
「若気の至り」かも知れないけど
別れた彼女には全て捧げ人生が変わってもいいとすら思っていたから
なんともやる気がおきないのですよ
大袈裟だけどね、
一人の時間は怖いほど己を追い込んでいく真性のネガティビズム

今はたった一つの目標について、
スケボーのビデオを作ること
成功失敗どちらにしろこれを終えたらとか考える瞬間がある

_____

「ある自殺者の手記」という文章を最近読みました
詳細は正直覚えていないけど
確たる死因は常に僕に纏わりついた
死因て死んだ理由の方ね

老いていた筆者は生にある種の不動を感じていて
まさに生きた心地を感じていなかった
そんな折ふと過去の手紙達に触れてしまう。
とおに去った旧友、若き恋文、果ては幼少時母に宛てた作文。
筆者は無性に哀をかっくらい涙を流した

ここからどう死に繋がったかは覚えていないがニュアンスはわかる
年19にして不動を感じる瞬間はある。

筆者はまたこう文を締め括っていた

「過去の手紙に決して触れてはいけない」


思い出す、呼び戻される
2008.07.18 Fri  C  T  17:06
 yandel
このあいだ居酒屋でばったりふられた彼女に遭遇ですよ
わりきってた つもり とはこの事ですよ

ちょっと喋れたけどてんぱったのか意味不明に切り上げて
挙句の果てには無視されたと思い込んで酔いに任せて変なメール送っちゃって。
付き合ってた時もこんな意味不明なのが原因でふられたのに
割り切るどころか何一つ成長してない

普段から「病んでる」とか言うやつ蔑んでたけど、
俺もほんと俗に言う「病んでる」だ。

大好きなんですまだ
0%に期待しちゃうんです
こんな俺しか見てないブログで言うのはまたオナニーだけど。

人に言われる前に自分で言い聞かす

俺は馬鹿で病んでる塵人です

ほんまに今の自分は病的や
2008.06.30 Mon  C  T  10:15
 あほいちこじん
どーも。

彼女に振られ遊びから遠ざかり
怪我をしてしまいスケボーから遠ざかり
独り耽る時間が多い最近。

今日までに思うこと

作家たるものの難しさ
何かしらを作ることの迷路
果ては生きる事の充実まで

悟り開くような瞑想を繰り返してます
まるで馬鹿みたいだ

何一つの抑欲もなく、
生きる事に枷や不自由を持たずに
事すればもはや遠吠え

どんな自問自答にもゴールが見えない
もう、何も。


ようはね、
早く怪我を治して息出来なくなるくらいスケボーして
浴びるほどビールと焼酎飲んで
寝る前のとても気持ちの良いオナニーが
早くしたいんです

2008.06.27 Fri  C  T  20:08
 2発目
2008年2発目の更新

ぜっっっっっっったい誰も見てない

俺も見てなかった

てわけで更新する気なくなりましたー

おしまい
2008.06.02 Mon  C  T  19:29
 言葉の感性という何か
誰に向け発信しているのかわからないブログを今日も更新です

本であるとか先人の言葉達は現代にはあふれるほどある。
学問として学ぶことも出来る
僕はそこに一切触れずに独特を目指してきました
しかし最近になってやっと基礎、いわゆる読書から始まるような
勉強が欲しいなと思うようになってきました
例えば国語の先生から感性を褒められても形を褒められることは未だない
そこが全てではない事は確実だけども、いずれ評価される形を作っていたいと思う

感性、ここでその意味は言葉の使い方であり
チョイス自体は語彙のなさから凡庸なのが自覚できている

例えばそれは軍を持たない諸葛孔明のようなもの
優れた戦策があってもそれが独り言ならば結果として何もないのである

いかにしてもたらすのか
何に向け作るのか
僕が目をむける形は一体なんなのか

先生に指示されて書く作文はもうない
テーマから、一からコラムって行くのがこれからだったりする
感性を自負し形を作って生きたいと思う

そんな新年の意思表明だったりする
2008.01.23 Wed  C  T  16:18
photo:BONTEN  skin:byebye
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。