ほとり

kinoko mieruyo
 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --  C  T  --:--
 こもじゅー1月
あ!どうも
吐き溜めるおブログのお時間です
こんげつは文字小さいねー
気づけば2008年に積んだ日はこんなに。
もう11月やで。
残、ふたつきとあいなりまして。

ネット、まして誰も見ていない
このブログですら発表しにくい新事実
退学します。
作家に学校は合わないといった理由と言い訳で。
学校で色々と実にならない事をやっているうちに
「D」にも関心湧いたりして。

近況報告は僕じゃないね
とにかくフリーターとして
日に実になる種てろてろしてます

ああ しにそうだ

ぼくの ゆびは きえた ようだ

そのうち こころにも くる

し っ て る
スポンサーサイト
2008.11.04 Tue  C  T  12:45
 夏終わりて10手先読む不二家チョコ
どうも9月の朝いかがお過ごしですか?
こちらは晴れて快晴、頭が頭痛ですよ

さて僕はこのほど人生とやらの壁にぶち当たっております
今までも幾分目にしてきた「壁」
幾分も避けて通って今、まるでそれが蓄積されたような
大きな大きな壁が目の前に立っています。

いや、それは目の前に見えて進めど進めど触れることができない。
いや、正確には触れる勇気が無いのです私。

あえて具体的な「壁」の内容は割愛しますが。

年19。
気づけばそれは牛でも1人立ちしているねんごろ、なの?

それでも僕はいまだ人生レベルでの
「やりたい事」に
「やらなければいけない事」が
絶妙ブレンドできない。

生きる、はブレンドする物という前提

ビール飲む分
汗はかいている

告白でない今、告発に似たクーデターを自分に
意味は自分がわかればいい
2008.09.01 Mon  C  T  09:35
 ファンブル人
こんにちわ

今年もまた、ひと夏が終わります
何を残しましたか?
僕は剥がれ落ちた皮を布団の上に残しただけです
毎日のように同じサイクル。
3パターンを2ヶ月まわして今日です。

去年の夏は何を思ったんだろう
来年はまたどう思うんだろう
夏の終わりはいかにここまで、
年の暮れよりも哀愁を見ている
不思議な気持ちである

ふわふわとしていたら人生は決まっていて
自分で選んだその中ですらもがき苦しむ

果てはなんだ?
何かしらいくつもの岐路を分かて
正規の人生を突っぱねて我が方法で楽しむ道を選び続け?
突っぱねたのかただファンブルしたのか


それは剥がれ落ちた皮だけが知っている事
秋はすぐそこです。
2008.08.22 Fri  C  T  12:43
 文豪
どうも
はて今日のお題は"文豪"
つらつらと

考えたくもないけど今でこそスケボーってゆうツールに
すがりつくことができていてもいつかは体が持たなくなる
むしろ30手前にしてフリーターでスケボーやってる人もいるけど
それは違う。
そうならん
仕事とは何を
ふつーーーの会社員、販売員になれば仕事しながらスケボーできる
夢は作家だったけどそれじゃあスケボーはしんどい
そんな葛藤を経る最中な今。

中学生の時からくだらない小説もとい文字列を並べては
友達に見せて失笑をもらって満足していた
ミクシー始めた時も雑学や好きな事について
ずらずら並べて喜んでた。
純度100%の皮肉で平成の文豪と呼ばれたりした
無論甘んじるつもりはないけど気分はいい
甘んじきれてないのは、それで飯食いたいと一分でも思って
学校に通ってしまってること。

これが謙虚であるか、自信であるのか。
僕にもわからない
ただ言える事はこのブログに笑える所が一文字もないと言うこと

とりあえずなるようになる
レットイットビーだ



2008.08.08 Fri  C  T  13:00
 恐怖浪漫
背景の色合いと言い、内容と言いホラーだね
ホラーブログ。
気の利いた言い回しでも言わないと自己満にすらなりえないね
まあ観客のない舞台で延々べらべらやってるだけやけどな
いずれこの真っ黒な客席があぶらぎった人間の色で埋め尽くされることを願うよ
きもいけどね

で、まー特になんもないんだけど打開はいるよ諸方面において。
急な題目。

だかい 0 【打開】
(名)スル
行き詰まった点を切り開くこと。解決の方法を見いだすこと。

                                   グー辞書

そんな感じなんだけどわざわざ凝った載せ方しちゃって

人はまあ行き詰ると思うんですよ
すいすい生きている人はすいすい打開してるんですよ
あ申し訳ないけど諭し欲が強い人間だから
有無言わさず下手な事言いますよ
この打開の連鎖が生に繋がるんだ

例えば自分という人生を図る時、
自分を中心に仕事、趣味、家庭なんかが
触手のように四方八方に伸びている
さらにその中のカテゴライズに細かい内容があり、
そして人間関係もかかわってくる

マルチタレントじゃなくても人間そんな多方面にアンテナを張ってる
で、打開だけど、それは、触手はいわゆる根だ
伸びるほど大きく成長していく。
石にぶちあたり詰まったとき大事なのは
石をよけて伸びる根じゃなくて
石に穴を開けて突き進む根なんだ

・・・・いやー
書きながら考えてたらおちひんな

俺は以上の文章が根本から無理(うまい)
やりたいようにやれば満足だろう
こんな宗教染みた説教は鳥肌が立つ以前に
耳が聞こえないようにできてるし

しかしまとまりも目的もない文字の塊
思い付きだと一節まとめるのが
精一杯で全体のバランスは見れないね
何が言いたいかというとねけっきょく人生、浪漫じゃないでしょうか

ロマン 1 [(フランス) roman]
〔ローマンとも〕
(1)ロマンス(1)に同じ。
「大―を創作する」
(2)小説のように変化に富み、かつ甘美な筋をもった出来事。恋愛事件などにいうことが多い。ロマンス。
「世紀の大―」
(3)小説のように変化に富んだ大冒険や一大事業。
2008.07.25 Fri  C  T  11:05
photo:BONTEN  skin:byebye
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。